美肌になれるスキンケアとは?肌を正しくお手入れして美肌を目指そう!

女性なら誰でも、「ずっと美しい肌を維持し続けたい。」そう思うものではありませんか?

そして、そのためにスキンケアをしているのになかなか美肌になれないと悩んでいる方も中にはいるかもしれません。

せっかくスキンケアをするなら、美肌に効果があるスキンケア方法で効率的に美肌づくりを行っていきたいですよね。

ここではそんな美肌を目指す方のために、どのようなスキンケアをすればいいのかお伝えしていきます。

正しいスキンケア方法で憧れていた美肌を手に入れてしまいましょう。

美肌になるために行っておくべきスキンケア

それではまず、美肌へ近づくために行っておく必要のあるスキンケアからご紹介していきますね。

スキンケアをする時には、次のようなアイテムを活用してみましょう。

基本的な基礎化粧品を使ってお肌のスキンケアをする

スキンケアに必要な基礎化粧品は、全部で5種類あります。

それが「クレンジング剤・洗顔剤・化粧水・美容液・クリーム」の5つです。

これらの基礎化粧品を使うと、美肌への道を一歩一歩前進していくことができますよ。

そして、このような基礎化粧品にはどのような役割があるかというと以下のようになります。

  • クレンジング剤・洗顔剤…肌の汚れを落としてキレイな状態にする
  • 化粧水…肌を保湿して水分量を保つ
  • 美容液…代謝を上げて美肌効果がUP
  • クリーム…肌に必要な成分が外へ排出されてしまわないようにガードする

こうした役割を担っているので、お肌には欠かせないアイテムとなっているわけですね。

下記からはそんな基礎化粧品の使い方をご説明していきます。

メイクは残さずにきちんと落とす

美肌を目指したい場合は面倒でも、就寝前には必ずメイク汚れをきちんと落としておかなければいけません。

なぜならメイク汚れが肌に残ってしまうと、それが原因で毛穴が詰まり、肌荒れや肌トラブルが起きやすくなってしまうからです。

また、それ以外にも肌が新しく生まれ変わるターンオーバーの働きが弱くなり、肌の老化が早まることも考えられます。

ですから美肌を持続し続けるためにも、メイクはクレンジング剤でキレイに洗い流しておきましょう。

洗顔をする時は泡をたっぷり手に付けて洗う

クレンジング剤でメイクを落とした後は洗顔を行うことも大事です。

洗顔をする時は手にたっぷりと泡を乗せ、なるべくこすらないように優しく触ります。

クレンジング以外にも洗顔をちゃんと行うことで、クレンジングだけでは落としきれない汗をかいた後の皮脂汚れや肌に付着したほこりなどの汚れを洗い流すことができますよ。

化粧水を塗る前にブースターを使用するのも効果的

洗顔をした後は化粧水をすぐに使う方も多いかもしれませんが、ここでブースターを使うと化粧水の浸透力をより高めることができます。

それはブースターに肌の柔らかさを上げる働きがあるからです。

化粧水の効果をUPさせたい方は、ぜひブースターを活用してみてくださいね。

化粧水で肌をしっかりと保湿する

化粧水は肌を保湿するために欠かせないアイテム。

そのため使う時にはたくさん手に取り、お肌にしっかりと浸透させてあげましょう。

ちなみに指で軽く叩くようにして塗るのがおすすめですよ。

美容液は重ねて塗る

美容液はシワなどが気になる部分に重ねて塗ります。

豊富な美容成分が配合された美容液は、美肌を作り上げるためにも役立ちますよ。

クリームを使って保湿効果を高める

最後はクリームを塗ることで、保湿効果がさらに高まります。

クリームではなく乳液を使っている方もいるかもしれませんが、クリームは乳液よりも保湿効果を保てる時間が長いので、乾燥肌を防ぐことに適していますよ。

また、クリームは油分が多く、肌の保湿と同時に肌のバリア機能を高める働きをしてくれるので、保湿と保護の両方の役目を果たしてくれます。

フェイスパックを使う

フェイスパックには美容成分がいくつも含まれているため、化粧水の後に使うとその美容成分が肌へ吸収されやすくなります。

また、肌の調子がパッとしない時や紫外線を長時間浴びてしまった時にも肌を癒すアイテムとして優秀なので、活用してみましょう。

スキンケアをする時の注意点に気を付けて美肌をキープ

ここからはスキンケアをする時の注意点についてお伝えしていきます。

注意点に気を付けることでも美肌へつなげることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

洗い流す時はぬるま湯がベスト

顔を洗い流す時はぬるま湯を使うようにすると、肌に溜まった皮脂が溶けやすくなるので美肌に効果的です。

ぬるま湯の温度はだいたい30度から37度に調整しておくと良いでしょう。

それ以上の温度で洗い流してしまうと、逆に肌の乾燥や肌が赤くなる症状を引き起こしてしまう可能性があるからです。

そしてどんな肌質なのかによっても適性の温度が変わってきます。

肌の乾燥が気になる方は32度まで、肌の油分が多い方は37度までの温度が最適ですよ。

また、どちらの肌にも該当しない通常の肌質を持つ方は35度までがベストです。

このように、洗い流す時の温度にも気を付けてクレンジングや洗顔を行ってみましょう。

なるべく洗い残しが無いようにする

冒頭でもご説明した通り、洗い残しがあるとそれが元になって肌荒れやニキビが発生しやすくなってしまいます。

そのためクレンジングや洗顔を行う時は、あごの下や顔周りなど、目の行き届きにくいところまでちゃんと洗われているかをチェックしておくと肌トラブルを抑制することができますよ。

タオルで顔を拭く時は優しく

顔をタオルで拭く時はそっと触れるようにして優しく拭くのも美肌でいるためには大事なことです。

洗顔後は溜まっていた汚れが洗い流される分、肌が過剰に反応しやすくなってしまうからです。

そんな状態で強い刺激と負担を肌に与えてしまわないためにも、タオルを使う時は優しく拭き取ってあげてくださいね。

まとめ

美肌になれるスキンケア方法はいかがでしたか?

スキンケアの仕方を少し変えるだけで、美肌効果は大きく変わってきます。

基礎化粧品の効果を発揮しやすくするためにも、正しいスキンケアを心がけていきましょう。

そうすると、どれだけスキンケアをしても叶わなかった美肌の夢を実現することができますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美肌効果が高いサプリとは?組み合わせが良いおすすめのサプリメントはコレ!